Exhibition

2019年の展覧会情報


藤井誠 P6 
桜の花びら散る前に
「東武春の絵画市2019」
4月17日(水)~ 4月22日(月) ※最終日は18時閉場

会場:東武百貨店池袋店 8階催事場
出品作家:阿部千鶴菅かおる須藤和之五月女佳織田尾憲司田口由花中村祐子藤井誠
作家来場日: 阿部千鶴 4月20日(土) 各日13時~17時
加藤丈博 4月17日(水)、4月20日(土)、21日(日) 各日13時~17時
須藤和之 4月21日(日) 各日13時~17時
田尾憲司 4月20日(土)、4月21日(日) 各日13時~17時
中村祐子 4月21日(日) 各日13時~17時
藤井誠  4月17日(水)、4月20日(土)、21日(日) 各日13時~17時

東武池袋の催事場で開催される、春の絵画市に今年も出展いたします。”日本の写実”を目指し、日本と西洋との融合を模索する洋画家・藤井誠の個展ブースの他、日本画総合ブースでは阿部千鶴、菅かおるなどの若手作家と、巨匠の作品をご紹介致します。

疋田正章 F30 
憩い場
「~ NEW WAVE ~ 次世代アーティスト展」
4月11日(木)~ 4月17日(水)
会場:artglorieux gallery of tokyo 5F
出品作家: 菅かおる小林英且佐竹佳奈坪田純哉疋田正章平岡良

次世代を担う若手作家のグループ展をGinza Six、「artglorieux」にて開催いたします。絵画と一口に言っても、日本画、洋画、ミクストメディア・・・様々な作品があります。近年ではこのような技法は多様化し、例えば日本画でも洋画のように抽象的な描き方をしたりと、表現の幅も自由になりました。自身の技法を大切にしながらも、個性溢れる実力派たちの作品を是非お楽しみくださいませ。
詳しくはこちらから

小林英且 SM 
いつも一緒
「SMという猫」
4月5日(金)~ 4月14日(日)
会場:Gallery Seek
出品作家: 阿部千鶴石谷雅詩梅澤恭介加藤丈博岸本浩希小林英且佐竹佳奈鈴木靖代五月女佳織田尾憲司坪田純哉中上誠章長田ユミ新家未来疋田正章三浦麻梨乃山﨑有美

アンディー・ウォーホールの名作「サムという名の猫」にちなんで、SMサイズの猫に限定した「SM(サム)という猫」を開催致します。猫はミステリアスだったり、可愛らしかったりと様々な表情を魅せてくれます。約20名の作家による可愛らしい猫作品を、ぜひお楽しみくださいませ。

佐藤令奈 F100 
Nowhere Somewhere
「Asia Contemporary Art Show Room.4318 」
3月29日(金)~ 4月1日(月)
会場:コンラッド香港
出品作家: 加藤丈博古賀充佐藤令奈原田武

香港、中国などアジア各国だけでなくヨーロッパ、北米、南米などからも主要なギャラリー及びアーティストが続々と参加する「アジアコンテンポラリーアートショー香港」に参加致します。Gallery Seekは加藤丈博・古賀充・佐藤令奈・原田武の4名の作品を展示致します。
詳しくはこちらから

五月女佳織 F6 
紅桜
「咲麗」
3月16日(土)~ 3月25日(月)
会場::Gallery Seek
出品作家: 加藤丈博菅かおる小池壮太小林英且佐竹佳奈志水堅二清水知道鈴木靖代須藤和之五月女佳織田口由花玉井伸弥坪田純哉友田恵梨子山﨑有美

桜をテーマにした作品展を開催致します。春の訪れを告げ、日本人の心をとらえる花として、絵画でも代表的なモチーフとしても描かれてる桜を、10余名の作家に描いて頂きます。ぜひこの機会にご高覧賜りますようお願い申しあげます。

原田武 H340×W340×D60mm
クロアゲハ
「原田武 金属造形展-懐かしき視線-」
3月13日(水)~ 3月19日(火)  10:00~20:00 ※最終日は17時閉場
会場:あべのハルカス タワー館11階 美術画廊
出品作家:原田武

作家来場日:3月13日(水)・16日(土)・17日(日) 13時~17時

金属造形作家、原田武。昆虫や植物など身近なものをモチーフに作品を制作しています。幼少期に感じた記憶を昇華した作品たちは、どこか懐かしさを感じながらも、技術の精巧さに息をのまれます。大阪あべのハルカス近鉄百貨店では2回目のご紹介になります。近年、台湾や香港など国内外でも精力的に発表している作家の新作を是非ご高覧くださませ。

藤井誠 S20 
「藤井誠 油彩画展
3月13日(水)~ 3月19日(火) 10~20時 ※最終日は17時閉場
会場:大丸京都店 6階 アートギャラリー
出品作家:藤井誠

埼玉県出身・在住の洋画家、藤井誠。彼は「日本の写実」をテーマに風景や水を感じる作品を制作しています。日本人が伝統的に持っている美意識を、油絵という西洋の技法で描く事によって、新しくもどこか懐かしい日本独自の油絵が出来るのではないかというこだわりを持っています。それらの作品は、俳句にように風景の一部を切り取ることで、描かれていない世界を想起させてくれます。心の奥深くまで入っていける不思議な魅力を是非お楽しみくださいませ。

塩月悠 F8
decolorization
「A Favorite Thing 2019」
3月2日(土)~ 3月11日(月)
会場::Gallery Seek
出品作家: 加藤丈博菅かおる佐竹佳奈佐藤令奈塩月悠志水堅二田口由花玉井伸弥中村祐子原田武疋田正章米村太一

この度Gallery seekでは、アートフェア東京の会期に合わせてギャラリーでは未展示の作品を中心とした作品展「A Favorite Thing 2019」を開催いたします。アートフェア東京の会場東京国際フォーラムから徒歩約10分と、非常にアクセスしやすい立地となっております。国内最大級のアートフェアと合わせ、是非Gallery seekにもお立ち寄りください。

菅かおる S10
清流水中花
「菅かおる 日本画展-水の環-
2月21日(木)~ 2月27日(水) 10時~20時 ※最終日は16時半閉場
会場:東武百貨店池袋店 6階1番地 アートギャラリー
出品作家:菅かおる
作家来場日:2月23日(土)、2月24日(日) 各日13時~17時

日本画家・千住博に師事した菅かおるは一貫して「水」をテーマにして制作しています。「水」は光の強さによって捉えどころなく、変幻自在に輝きます。そこに、過ぎていく季節や命・・・個人的な感情や事柄を込めて描くという作品は、見る側に様々な想像を膨らませてくれます。 

加藤丈博 1600×900mm
剪定図-サザンカ-
加藤丈博 日本画展
2月19日(火)~ 2月25日(月)
作家来場日:2月23日(土)、2月24日(日) 各日13時~17時
会場:Gallery Seek
出品作家:加藤丈博

「言祝ぎ」という言葉をテーマに、金銀地のスタイルに鳳凰や四季の花を描く加藤丈博。彼は屋外に咲く花々を素描しに出掛けふと気づくそうです。この花の色と形は、過酷で美しい自然だからこそ生まれるのだと。豊かさと厳しさは紙一重です。加藤丈博の描く作品は真っ直ぐにモチーフ以上の言葉を語りかけてくれます。祝いの言葉を述べて、幸運を祈ることと同じように、ひとつひとつの作品に込めた想いを感じ取って頂けましたら幸いです。

小池壮太 しんぶんのタバー
表紙
小池壮太 絵本原画展
2月8日(金)~ 2月17日(日)
作家来場日:2月9日(土)〜2月11日(月)※来場日は変更になる可能性がございます
会場:Gallery Seek
出品作家:小池壮太

2016年に絵本「文房具のやすみ時間」の絵を担当したり、ミラノのファッションブランド「MSGM」の広告用の絵を制作したりと、近年活躍の場を広げている小池壮太。今回は2月に発売される絵本「しんぶんのタバー」に合わせた原画展を開催させて頂きます。洋画とはまた違った小池壮太の世界を是非お楽しみくださいませ。

中村祐子 F20
菖蒲
「中村祐子 日本画展」
2月6日(水)~ 2月12日(火)10:00~20:00 ※最終日は17時閉場
会場:大丸百貨店 神戸店 7階アートギャラリー 
出品作家:中村祐子
作家来場日:未定

早稲田大学を卒業後、東京藝術大学院を卒業する経歴を持つ中村祐子。文化財保存修復にて人間国宝、江里佐代子氏より「截金」を習得しました。截金は古来の仏像や仏画などに図様や文様として表現されたものです。箔を竹で作った刀を用いて截ります。中村祐子は截金を織り交ぜた花鳥画をメインに制作しています。私たちは普段生活する中で、様々な事がありますが四季は必ず巡り、花々はその季節の到来を知らせてくれます。新作含めた30余点を是非お楽しみくださいませ。

須藤和之 F6 
星の夜
日本画三人展
1月29日(火)~ 2月5日(火)
10:00-19:00 ※最終日は16時閉場
会場:東武百貨店宇都宮店 7階 美術画廊
出品作家:清水知道須藤和之坪田純哉

生まれ育った祖国である日本の風土を“旅行記”として描く、清水知道。自然と小動物をモチーフに“風”を感じるどこか懐かしい作品を作り出す須藤和之。水紋や花など具象と抽象を織り交ぜた幻想的な世界を描く坪田純哉。正統派ながらも新しさを感じる三者三様の日本画を是非お楽しみくださいませ。

玉井伸弥 P10
月下麒麟図
「玉井伸弥 日本画展-吉日-
1月31日(木)~ 2月6日(水) 10時~20時 ※最終日は16時半閉場
会場:東武百貨店池袋店 6階1番地 アートギャラリー
出品作家:玉井伸弥
作家来場日:1月31日(木)、2月1日(金)~3日(日) 各日13時~17時

玉井伸弥は2018年に愛知県立芸術大学院を卒業したばかりの新進気鋭の日本画家です。伊藤若冲や俵屋宗達、竹内栖鳳など先人の巨匠たちへの憧れから始まった彼の作品。古い和紙を染め上げたという作風は一見古い水墨画のような印象を受けます。動物は人間のように思考が分からず、絵の中の動物に成り切って考えることが楽しいと語ります。どこかコミカルな魅力も感じさせる20余点を是非お楽しみくださいませ。

佐竹佳奈 M6
あたたかい場所
「美術特選会 佐竹佳奈 日本画特集」
1月16日(水)~ 1月21日(月)
10:00~19:00 ※最終日は18時閉場
会場:日本橋三越本店 本館7階特設会場
出品作家:佐竹佳奈
作家来場日:1月16日(水) 10時~17時
19日(土)、20日(日) 各日11時~17時

佐竹佳奈はすずめなどの小動物をモチーフに「日常生活」をテーマにして日本画を制作しています。普段生活している中では様々な感情が芽生えます。他者への感謝や自然への感動などふと忘れがちな思いを再認識するために描くという作品の数々。土絵具を使用した画面はより深みを増し絵の中の主人公の存在を印象付けます。

新家未来 F6
柔らかな誘い
One Art Taipei 2019
Collector Preview 1月18日(金) 13:00~15:00
VIP Preview     1月18日(金) 15:00~20:00
Public Opening    1月19日(土)・20日(日)・21日(月) 12:00~20:00
会場:Sherwood Taipei Room.1424
出品作家:古賀充佐藤令奈新家未来原田武

2019年に新設されるONE ART TAIPEIに出展致します。Gallery Seekからは古賀充、佐藤令奈、新家未来、原田武の4名の作家をご紹介致します。台北松山空港からもアクセスしやすいシャーウッドホテルでの開催となります。
詳細はこちらから

小池壮太 F4
春夜
小池壮太 油彩画展
1月7日(月)~ 1月14日(月)
作家来場日:1月9日(水)~14日(月)各日13時~17時
会場:Gallery Seek
出品作家:小池壮太

京都立命館大学を卒業後、関西の画家辻真砂氏に師事した洋画家、小池壮太。光の作る格調に心惹かれ描くという静物や風景はかつての持ち主の愛着や住んできた人々の営みさえも感じさせます。細部まで丁寧に描きこまれた画面は作者の対象への感動とこだわりを表現しています。格調高くありながら、優しく暖かな世界を是非ご高覧くださませ。

Upcoming Exhibition

Past Exhibition